社員研修にはどんな種類がある?

特定のスキルを磨く!職種別の社内研修

社内研修の種類は、職種別と階層別の2種類に大別できます。その他、毎年一定の新入社員を採用している企業の場合は、新入社員研修も行っているケースが多いです。社内研修の大きな目的は、一人ひとりの社員に必要な能力やスキルを高めることです。社内では様々な部署や階級が存在するため、それぞれに合わせて研修を行い、専門性の高いスキルを身に付けていきます。
職種別の社内研修は、大きく分けると営業研修と技術研修があります。営業研修では会社の売上を伸ばしていくために、販路拡大のノウハウからお客様とのコミュニケーション方法まで、あらゆるスキルを学んでいきます。一方、会社で販売する商品を作るための様々なスキルや知識を身に付けていくのが、技術研修です。

キャリアによって異なる!階層別の社内研修

階層別の社内研修は、新人や一般社員、管理職などの各ポジションごとに行われるものです。この中で最もメジャーなのが、新人研修です。新入社員は、全くのゼロから仕事をスタートさせるケースが少なくありません。このため、社会人としての責任から会社の内側の事、そして実際に行う業務内容まで、一つひとつ学んでいきます。会社の将来を担う人材を育てる新人研修は、本当に重要なものだと言えるでしょう。
また管理職研修では、管理者としてのマネジメント能力を養っていきます。対象となるのは、社内の管理業務を行う課長や部長などです。さらに、社内研修には役員研修と呼ばれるものもあります。この研修は会社の経営や人の動かし方などを学んだりするためのもので、取締役や役員の方々向けの研修です。

© Copyright Patience Skill. All Rights Reserved.